« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

僕が鹿島を応援するのは

生まれ育った町の隣町にできたクラブだから。
ただ、それだけ。

強いクラブだから、有名な選手がいるからでなく。
なんにもないところにできたクラブだから。

コンサートやロードショーの映画を観に行くのも、プロ野球の試合を観に行くのも、
(高速バスなんてまだなく)各駅停車で90分以上かけて出かけていたのに、
車で15分でプロのサッカーの試合が観に行けるなんて!!

せめて県庁所在地に生まれたかったと子供の頃に思っていたほどだから、
クラブができたときには、すでに東京に住んでいたけれど、どれほど嬉しかったか。

だから、都会のクラブや、県庁所在地のクラブに勝利するのが嬉しいのさ。
いろんなハンデがあるから、そんなハンデをはねのけて勝利するのが嬉しいのさ。

だから、今もこんな不便なド田舎のスタジアムに通うのさ。
だって、それが、他のスタジアムにはない、このスタジアムの付加価値なのだから。

僕がみたいのは、そんなスタジアムで真剣にボールを追う僕らの選手達。
その先に勝ちがあるならなおさら幸せだし、負けがあるなら一緒に悔しがるよ。

ただ、ただ、それが見たいから、僕はまたスタジアムに足を運ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜VS鹿島(携帯)

年寄りが深夜労働しちゃいけませんって。クタクタです。

というわけで、仕事が忙しく日産スタジアムにも行けず、テキストライブもみず、ただ得点メールだけが頼りだったのだけれど、

また、いきなり、2失点ですか?

とりあえず1点とれたものの、試合内容はどうだったのだろう?
日曜日のJ-sportを見ようと思っていたが、ダウンして一日寝込んでいたらすっかり忘れてしまった。

未来はみえているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島VS千葉(カシマ)

とても悲しいことだが、今日の試合はレオナルドのコメントが全て。
常勝軍団とは、常に勝利する強いチームのことだけはなく、常に勝つ気持ちで試合に臨むチームだと思うから。

試合終了後は、とても立っていることができず、座ったまま無言で拍手もせずただただ選手達をみていた。
そして、コールリーダの前には、本山選手と柳沢選手だけが挨拶。遅れて曽ヶ端選手が駆け寄ったのみ。
このシーンが、今のチーム、クラブの状況を表しているようだった。
変に勘違いするよりは、大差で負けてよかったよ。

もう、いい訳なんか聞きたくない。
自分たちの弱さを認識して、ただやるべきことをするだけ。
このままでは、ナビスコの優勝も無理でしょう。
リーグ戦も10位以下に落ちるでしょう。
天皇杯も4回戦で勝利することがないでしょう。

崖から子鹿を落とす母鹿の心境。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡VS鹿島(博多の森)

チケット代返せ!<飛行機代返せ!
という訳で、7日の記憶は全て、玄界灘に捨ててきました。

061007_0001

続きを読む "福岡VS鹿島(博多の森)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ西に向かいます

今シーズン最後の遠征に出発です。
大分を除けば、残りのアウェーは関東圏内なので、後は天皇杯でどこへ行くことになるのかなあ?
と、すっかり旅行気分ですが、欠航した便もあったようなので、多少の遅れはいいとしても何事もなく博多の森へ行けますように。

2週間ぶりの観戦になるわけだけれど、とにかくいい試合をみたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C大阪VS鹿島(TV)

劣勢を跳ね返せる力がない。
劣勢を跳ね返せる選手がいない。
試合の流れをかえられる選手が欲しい!!

生中継でみていた、いつも得点後の失点シーンは、まるでデジャブ。
試合終了後、あまりの怒りのせいか風邪気味だった微熱も飛んでしまい、気分展開には笑いが一番とコメディー映画をみて頭を空っぽにすることに成功。

あとは個々の選手にこの結果とふまえて問題点を自分自身で気づいて欲しい。
たとへ周りが言ったとしても、たぶんこの問題は自分で気づかないかぎり解決は難しい気がする。

福岡までいって、またぐたぐたな試合を見ることになるのだろうか?
相変わらずの失点とはいえ。16日の清水戦には希望を見せてくれたではないか!?


※またまたpingがおかしいようで、2週間ほどJ.B.Aに反映されない。。。。今週のココログメンテでさらになんかかわるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »