« ゼロの未来 | Main | RADWIMPS Human Bloom Tour 2017 »

書楼弔堂 炎昼/京極夏彦

前作から3年ぶりに書楼弔堂シリーズが読めました。

明治後期の富国強兵に進む時代背景が偶然にも現在とかぶり、
教育勅語や戦争とはと考えさせられた。

添田啞蟬坊、福来友吉、平塚らいてう、柳田國男と以前から興味があった名前が!

|

« ゼロの未来 | Main | RADWIMPS Human Bloom Tour 2017 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51523/65292796

Listed below are links to weblogs that reference 書楼弔堂 炎昼/京極夏彦:

« ゼロの未来 | Main | RADWIMPS Human Bloom Tour 2017 »